お金借りる パート アルバイト

パートやアルバイトにおすすめのキャッシングはこちら

キャッシングというと正規雇用の人だけが対象かと思ってる人もいるでしょう。もちろん正社員や公務員といった正規雇用の人は審査が有利であるということはありますが、契約社員、パート、アルバイト、フリーターといった非正規雇用の人でもキャッシングをすることはできます。

 

雇用形態は審査の際に影響するのは事実ですが、ここで重要になるのは、非正規雇用であっても安定した収入があるかどうかです。ただし、実際の借り入れ限度額は低く設定されます。

 

また非正規雇用の場合、無利息で借りられるサービスのあるところを選んだり、無担保、無保証人が可能であるということもというのもポイントの一つです。審査の時には色々と情報を調べられます。その際に過去に金融事故があったり、他社からの借り入れ件数が多いことなどがあると審査に通りにくくなります。

 

収入は低くても勤続年数が1年以上ある場合や社会保険に加入している場合は有利になりす。その他借り入れ申し込み額と他社での借入額が年収の3分の1を超えていないこともポイントです。そして絶対にしていはいけないことは、申込書に嘘の内容を書くことです。

 

審査に通りにくいだろうという判断で年収を偽ったり、勤務先に知られたくないという理由で電話番号を偽ったり、自分の年収を偽って申し込むということが多くありますが、虚偽の申告をしても絶対に知られてしまうので本当の内容で申告することが大切です。

page top