お金借りる 申し込み

カードローンやキャッシングに申し込むときに必要なもの

「お金の若者離れ」という言葉も話題になっているように、日々生活するだけで精いっぱいな人も最近は増えてきているようです。そんな時に車検、結婚式、家電製品の故障など急な出費があると手持ちの金額では足りなくなることもあるのではないでしょうか。そんな時に思い浮かぶのが、「お金を借りる」という手段です。お金を借りる際には、借りる金額の大きさによって様々なものが必要になってきます。

 

すぐにお金が必要になった際に使用するキャッシングローンやカードローンでは収入証明、身分証明が必要です。それらの書類としては給料明細、健康保険証などが使用できます。健康保険所では顔写真がないため、住民票など身分証明がもう一点必要となりますので、運転免許証などを使用するとよいでしょう。また、給料明細は融資額が50万円以下など少額ならば必要ない場合があります。

 

銀行で住宅ローン等として多額のお金を借りる際にはキャッシングよりも多くの書類が必要になります。必要なものは書類、印鑑証明、身分証明です。それと同時に担保、連帯保証人のどちらか、または両方が必要になります。担保には金融商品や、物件、土地などが当てはまります。保証人の場合にはその人の署名と捺印が必要になることが一般的です。

 

キャッシング審査について

カードローンを利用して、お金を借りるために行なわないといけないのがキャッシング審査です。キャッシングの審査通らないとお金を借りることはできませんが、お金を借りる 審査自体はそれほど時間はかからず最短のところだと30分で終わります。

 

キャッシング審査で一番重要になるのが安定した収入があるかどうかです。返済できる見込みがない人に貸し付けをしても返ってこないので当然ですが貸すことはないと言えます。

 

収入以外にも色んな部分を審査では確認することになります。属性審査と言いまして、利用者の収入だけではなく年齢・性別・勤務地・勤続年数・家族構成などあらゆる情報を参考にします。例えば、安定した収入を判断する時に勤続年数が長ければ長いほど収入が確実に入ってくることを示しますので審査が通りやすくなると言えるでしょう。

 

その他にも過去のローンやクレジットカードの利用履歴を調べる信用情報審査がありまして、過去に借金を踏み倒していたり、延滞をしていたりすると大きなマイナスになります。
このようにキャッシング審査は色んな角度から調べられまして、条件によっては収入が低かったとしても審査が甘いということもありますから、よく調べてから利用すると良いかもしれません。

page top